新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

弁理士会元副会長脱税容疑で告発

www3.nhk.or.jp

日本弁理士会の副会長を務めた東京の弁理士が、海外のペーパーカンパニーに架空の翻訳業務を発注する手口で1億5000万円あまりの所得を隠したとして、東京国税局から脱税の疑いで告発されました。

告発されたのは、東京・新宿区で「はづき国際特許事務所」を経営する亀谷美明弁理士(59)です。

当会会員の告発について | 日本弁理士会

もうすでに業界ではみなさん話題沸騰、周知の秘密となっておりましたが、業界に疎くなりかけていた私にこの情報が入ってきたのは遅く、割と最近でした。

こんなの記事にしないでねと言われておりましたが、これだけ報道されていたらもう秘密保持義務は解除だよねということで、報道内容を参照する形で記事にさせていただきます。

本事件の経緯はオフレコですが、この特許事務所自体について、もうおしまいですので知っていることを角を立てない範囲で書かせていただきます。前事務所の元同僚の1人がここで働いており、またペアを組んでいたアシスタントスタッフも非常に良い事務所と絶賛しておりました。業界のソニーショックを潜り抜け、業界の比較的先端を行く特許事務所として飛ぶ鳥を落とす勢いでした。様々な試みを試していたような話を聞いています。

一方で1億5000万円の所得の脱税で摘発かあというのは隔世の感ですね。だって弁理士と言えば一昔前は長者番付に名を連ねる方もいましたよね。知名度も高くないわが職業の名を知人の都税職員の方は「高額所得が多いから」という理由で知っておりました。高額所得はほんの一握りなんですけどね。

そんな世界でかなり儲かっている頂点の一角でこのレベルな訳ですから、摘発をされるほどに圧倒的な感じはしません。やっぱり恨まれたんでしょうね。この業界もう勝者と敗者は色濃く別れてきたことですし。うちのような完全敗者ともいうべき貧乏暇なしの零細は、業界の片隅で恐れおののくばかりです。

その意味、誰に突き上げられるかわからないので、コンプライアンスは大事にしていかないといけません。と、こんなもんでいいですよね。言えない情報が多い中で、公開情報が出てきたので記事にしました。