新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

特許事務所の独立後5年目というのも困難さがある

独立してから5年目にもなると世間の人は軌道に乗ったねとか、
うまいことやってるなあとかそういう感想をもたれること
が多くなるのですが、実際のところ、独立当初に
なんとなくこれでやってみるか、と思っていたことのほころびが
いくつも出てくる時期であり、「まともに仕事をする」
ことを継続することの困難さがいろいろと露見していきます。

ブログ記事1つ取っても、独立前後に安直に書いた記事によって
人に迷惑をかけることも増えました。
特に最初は匿名だったので、ちょっと気が大きくなっていた面
もあると思います。これくらいいいだろうと安易にやっているうちに、
知られていない頃はよかったのですが、
そうこうしていくうちになんだか知名度も上がり、
迷惑をかけることを放置すると、いろんな弊害が露見してきます。

ネットで有名になるというのは裏腹にいろんな危険がつきまといます。
まあ実際にはもっと別の問題もあったりしますが、
その辺はまあ、色々です。無難な話を遠まわしに書くことにしました。

そうは言っても儲かってるんでしょう?とか言われますが、
弊所に関しては儲かっていません。私は小銭を追いがちな傾向にある一方、
維持費などもかかってきますので、うーん、こんなもんかあと
悩み続ける日々です。

まあそれでも独立できていいじゃん、自由で。という声も確かにあるのですが、
仕事とプライベートの境界線が薄くなり、まあなによりも守ってくれる人が
いなくなります。思わぬ騙し方をしてくる人が出てきたりします。
会社であり、組織というのはなんだかんだで人をある程度は守ってくれます。

会社というのは経営的な切り盛りをする人と、実務をやる人で分担するのが
一番うまくいく印象です。ただし2人で分けてやるものですから、
信頼関係も必要ですし、人が多くなれば多くなるほど組織の遠心力は
大きくなります。しかし1人でやるのもまた問題があります。

あまり具体的なことを書くのも問題が起こることが多いので、
まあとにかく大変なんだなあと同情してもらえればそれでありがたいです。