読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士が、特許事務所、弁理士試験について語るブログ、特許事務所で中小ベンチャー企業や個人事業者を中心に受ける弁理士が、企業や特許事務所勤務の経験に基づく、特許知的財産業界の様々な話を展開します

焼きカレーの基本特許

こんなの見つけてどうすんのと自分でも思うのですが、
これ以前に何らかの焼きカレーが世に出ていたら、
これはおそらく特許になっていないはずなので、
その意味でこれが焼きカレーの基本特許なのだと思います。
権利は年金不納による抹消とあるので、使用するのは自由です。

まず大前提として焼きカレーとは、カレーにチーズをのせて、
ドリア的に表面を焼いたから焼きカレーというものです。

【特許番号】第2691213号
【登録日】平成9年(1997)9月5日
【発明の名称】焼きカレー

前置審査まで行っているようですね。

まず権利範囲から書いてみます。

【請求項1】耐熱鍋(1)にバター(2)を塗り、その中にライス(3)を入れ、
その上にカレールー(4)をかけ、更にその上に卵黄が中心になるように
全卵(5)を落とし、更にまたチーズ(6)を全体に降りかけた鍋ものを、
オーブンにて全体を焼き上げた事を特徴とする焼きカレー

もうこれだけで内容分かってしまいますね。
図は手書きのものが2つありますが、
見るまでもありません。

料理にまつわる特許というのはあるだろうな、と思いますが、
それなりに世に出ているメニューの、
原形のままで取られている特許ってあるのですね。

最近あちこちで焼きカレーというのを見かける気はします。
自分的にはカレーにチーズというのが完全に無理です。

広告を非表示にする